もし、愛犬が入院をしたら…。あなたなら、どうしますか?


Pocket

暮らしのヒント
愛犬を入院させたい!
 
そんな人はいないですね。(笑)
おカネも掛かるし、何よりサビシイですよね。
 
予期せず、入院が必要になることも今後あるかもしれません。
病気なら仕方がないかもしれませんが、事故で入院は避けられることも多いです。

予測をしておく=イイ準備

もちろん、入院なんて無いほうがイイです。
しかし、犬種によっても「掛かりやすい病気」みたいなものもあります。
犬も死亡原因の第1位は「癌」です。
これは、これで受け止める必要があることも事実です。

動物はギリギリまで元気だったりします。
普通に過ごしているようでも、検査しないとわからないことも多々あります。
「何でもない」と思っているのは、家族だけかもしれません。

ケージに馴れておく必要はないか?
服を着させることが苦手な子は、包帯を巻かれるようなことがストレスになるかもしれません。
イタズラしないようにエリザベスカラーが必要になるかもしれません。

入院が長引きそう…

入院といっても、回復が見込める入院もあれば、これ以上に悪化しないように…というケースも。
これも仕方ないことです。
「出来ることをしてあげる」ことには変わりないですね。

状態や状況に応じて、お見舞いに伺いたい…となります。
家族との再会を喜んでくれる犬がほとんどです。

しかし、愛犬は「迎えに来た」と解釈しますが、家族は「置き去り」にします。
家族が帰った後、愛犬は不安な気持ちになっています。
お見舞いは、家族が思っている以上に「酷」なケースが多いのです。

入院に備える

少しずつ将来を予測して、今を過ごす。
この習慣が、愛犬を安心な生活へと導きます。
 
何よりも、あれこれと気がつくようになります。
過去は変えられませんが、未来はあなた次第です。
愛犬が入院することになるかもしれません。
その時、愛犬が治療に専念できるように応援してあげたいですよね。
それには、今からの備えが必要なのです。
 
ポチっと、お願いします ! m(_ _)mにほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ