犬は、どうして「鼻水」を気にしないのか?


Pocket

まずは、動画を。

暮らしのヒント
鼻水が垂れそうな愛犬を見たことありませんか?
当然ですが、犬に「鼻をかむ」という常識はありませんしね…。(笑)

犬は何で鼻水を垂らして寝ているのでしょう??
気にもしてないですよね…
実は理由あって…なんです!

嗅覚のしくみ

カンタンに…ですが、
嗅覚は鼻の中に広がる粘膜で「ニオイ分子」を受容して感知します。
粘膜の広さと粘膜上の細胞の数が人よりも多い。

だから、犬の嗅覚は素晴らしい訳です。
麻薬探知なども出来るほど、優れています。
私は「25mプールに酢が1滴入っているだけでも解かる」とよく説明します。

スゴイですね。
それほどスゴイ鼻だからこそ、逆に関心のないニオイには反応しません
(全てに反応していたら身がもちませんから…)

犬の嗅覚は(人と比べると)素晴らしいですが、犬には差がわかりませんね。(笑)
ちなみに、短頭種は鼻の中の面積が狭い分だけ、嗅覚が少し劣ります。
 

何で、鼻水?

カンタンには、ニオイ分子を「少しでも(鼻の粘膜で)停留させる目的」で鼻水が出てきます。
寝ている時には、視覚は期待できません。
聴覚や嗅覚をメインに、外敵から身を守る訳です。

そのため、鼻水を出してニオイを「いつも以上に」嗅ごうとしている訳です。
オヤツを出してきた時に「クシュン・クシュン」とクシャミみたいな仕草をする子もいます。
これも「どんなオヤツを出してくれるの?」と、ニオイを鼻に停留させるのに鼻水が出ちゃうんです。

要するに、鼻を「より活用したい」ときに、鼻水が出てきます。
 

人とは違うからこそ擬人化しないように

とても優れた嗅覚があるのに、電信柱にあれほどまで鼻を近づけるのか?
人からしてみれば不思議です。

オヤツを投げて与えた → 上手くキャッチできなかった → 探す → なかなか見つからない → 人が落ちている場所を教えてあげる

こんな流れ、経験したことある方も多いかもしれません。
この子は、素晴らしい嗅覚を上手く使えていないかもしれません。

ちょっと脱線しましたが、愛犬が鼻水を垂らしていたら思い出してください。
鼻を使っている証だと!(笑)
 
ポチっと、お願いします ! m(_ _)mにほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ