愛犬との心の距離を近づけるのは考え方次第!


Pocket

暮らしのヒント
ハウスは可哀想。
首輪だと苦しそう。
1頭では寂しそう。

愛犬に辛い思いをさせたくありませんね。
私もそう思います。

たくさんの願い事を叶えてあげたいですね。

では、愛犬が「誕生日に●●が欲しい」と言ってきましたか?
答えは「いいえ」なんです。

首輪だと苦しそう…


これ、本当ですか?

ハウスは何となくわかります。
出して欲しくて、扉をカリカリしたりしますから。

首輪の場合、お散歩中に引っ張って「苦しそう」という発想ですよね。
ホントに苦しければ、引っ張らないでしょうし、首輪を外そうとする仕草があっても不思議ありませんね。

「首輪で散歩しましょう!」と言っている訳ではありません。
感じていることが「的を得ているのか?」ですね。

「1頭では寂しそう」も同じですね。
多頭になれば、1頭でいる時間が欲しくなる。
高齢犬にとって、子犬はストレス要因の賜物ですから…。

可哀想・苦しそう・寂しそう
クオリティーの差があり過ぎるからシンドイ訳ですね。

思っているよりも、愛犬は「●●ではない」ということも多いですよ。
何気なく一緒に過ごしている時こそ、察するときです!
心がもっともっと近づきますように!
 
ポチっと、お願いします ! m(_ _)mにほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ